<   2015年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧
シェムリアップ独り旅(トゥクトゥクに乗って)
昼食を終え、空港に行くまで2時間の待ち。ホテルの前にいるおっちゃんのトゥクトゥクに乗ってみることに。
f0163860_1721356.jpg
行き先は、おっちゃんオススメのマッサージ店。ここまで10分くらい。トゥクトゥクの料金は1USD。
f0163860_17245733.jpg
中はこんな感じ。フットマッサージに来ていた西洋人が何人かいました。私は全身マッサージ。
f0163860_17441429.jpg
f0163860_1741662.jpg
料金は、1時間で1,200円くらいやったと思う(記憶あいまい)。善し悪しはよく分からん。こんなもんかな。

↓ 現在28位!↓

クリックに感謝☆

[PR]
by naka-sea | 2015-06-29 20:40 | おでかけ | Comments(0)
シェムリアップ独り旅(CITY RIVERのランチ)
締めのランチは、CITY RIVERと言うレストランで・・・
f0163860_1761158.jpg
何故かタイ料理。(タイもカンボジアも似たようなもんではあるが)
f0163860_1753576.jpg
アンコールビールを飲みながら、ツアーの皆さんと打ち上げ。グリーンカレーもなかなかうまかったよ。

↓ 現在32位!↓

クリックに感謝☆

[PR]
by naka-sea | 2015-06-27 20:30 | おでかけ | Comments(0)
シェムリアップ独り旅(バンテアイ・スレイ周辺)
カンボジア旅行もそろそろ終盤。最終日はシェムリアップ郊外の遺跡見学。もう遺跡は充分、とは言わんよ。

最初に行ったのは、スラ・スラン。10世紀に掘られた東西約700m、南北約300mの人工池。デカい。
スラ・スランは「沐浴の池」という意味で、ここで王や高僧が沐浴していたことから名付けられたらしい。
f0163860_1545487.jpg
以降、東メボン、バンテアイ・スレイ周りの記録を写真でざざっと。
f0163860_16335166.jpg
f0163860_16331665.jpg
f0163860_16343213.jpg
f0163860_1635261.jpg
f0163860_16455589.jpg
f0163860_1653680.jpg
後半は、手の込んだ造りのものが多いにも関わらず、殆ど修復の手が入っていなくて見応えがありました。
アンコール遺跡群の見学記録は以上。もうお腹いっぱい!?

↓ 現在28位!↓

クリックに感謝☆

[PR]
by naka-sea | 2015-06-25 21:45 | おでかけ | Comments(0)
シェムリアップ独り旅(アンコールワット朝日鑑賞)
2日目は4時起きでアンコール・ワットからの朝日鑑賞へ出発。
「2泊3日ゆったりツアー」となってはいるものの、何とハード。ゆったりじゃないよ、H.I.S.さん。
そうは言うても朝日の鑑賞は、アンコール・ワットの目玉アクティビティらしいので、気合を入れて出発。

5時過ぎに到着した時のアンコール・ワットはこんな感じ。
f0163860_14264269.jpg
夜明け前と言うのに、周囲は同じ目的の観光客でいっぱい。世界中から人が集まっとるんですね。
f0163860_14374667.jpg
少し明るくなってきたところ。(焦点距離が異なるのはこれだけGRで撮影のため)
f0163860_1423476.jpg
東の空(写真左側)が明るくなってきたところ。(こちらは X-T1 with XF23mmで撮影)
f0163860_14293395.jpg
この日、テレ朝の旅サラダがロケに来とりました。しかも、私が陣取っていた場所のすぐ隣で段取り開始。
しれっとリポーターの春輝さん(後で調べて分かった)を盗撮。
f0163860_14364832.jpg
f0163860_14295591.jpg
肝心の朝日は、この写真が太陽Max。前日の夕陽も見れず残念。偶然出会った大先輩が写り混んでます。笑

↓ 現在28位!↓

クリックに感謝☆

[PR]
by naka-sea | 2015-06-23 21:10 | おでかけ | Comments(0)
シェムリアップ独り旅(Angkor Holiday Hotel)
今回宿泊したのは、シェムリアップの街にも、遺跡にも近い好立地のアンコールホリデー。(H.I.S.指定)
f0163860_1756541.jpg
部屋はこんな感じ。広さは充分。
f0163860_17594783.jpg
初日の朝食ピックアップ。アジアでよく見る左側の幅広い麺がつるっとうまい。炭水化物三昧。
f0163860_1861528.jpg
2日目。濃厚マンゴーがうまかったばい。
f0163860_1821528.jpg
ヌードルコーナー。朝から麺を食べるのは、ベトナムのフォーが朝食なのと同じ感覚やろね。
f0163860_18104711.jpg
ロビー。
f0163860_18114592.jpg
建物は古いし、決してきれいでもないけれど、旅行直前に空いとった宿なんで贅沢は言えんか。

↓ 現在30位!↓

クリックに感謝☆

[PR]
by naka-sea | 2015-06-21 21:15 | おでかけ | Comments(0)
シェムリアップ独り旅(Koulen Restaurant)
初日の締めは、クーレンレストラン。ここはビュッフェスタイルのレストランで、とにかくでかい、広い。
世界中からの観光客でうじゃうじゃ。カンボジア料理は勿論、アプサラダンスショーが楽しめるのがいい。
遺跡見学ツアーで終日一緒だった皆さんと、アンコールビールで乾杯。
f0163860_1645142.jpg
f0163860_16512557.jpg
f0163860_16532475.jpg
アプサラダンスは、カンボジアで古くから伝わる宮廷舞踊の一つ。きらびやかな衣装に身を包んだ女性達が、
妖艶な踊りを舞うもの。手の動きに特徴があって、独特の雰囲気にうっとりした気分(?)になれます。
バンコクでもこれ系の踊りを見ることができたけど、カンボジアが本家みたいね。

初日編、ようやく終了。

↓ 現在28位!↓

クリックに感謝☆

[PR]
by naka-sea | 2015-06-19 21:50 | おでかけ | Comments(0)
シェムリアップ独り旅(Night market)
宿泊したホテルの近くにあったナイトマーケット。ベトナム同様、現地の人々が集まってだべっとります。
f0163860_1772637.jpg
f0163860_1775949.jpg
あまりの暑さに、ここで3USDのTシャツを買いました。

↓ 現在30位!↓

クリックに感謝☆

[PR]
by naka-sea | 2015-06-17 21:10 | おでかけ | Comments(0)
シェムリアップ独り旅(プレ・ループからの夕陽)
プレ・ループは、10世紀後半に造られた、死者の火葬が行われていたとされる場所。
「プレ」は変化、「ループ」は姿や体を表す言葉だそう。ここの最上部に上がって夕陽を鑑賞する計画です。
f0163860_1691652.jpg
ところがこの日の西の空は雲に覆われていて、沈む太陽を拝むことはできませんでした。残念。
f0163860_16113674.jpg
f0163860_15422228.jpg
夕陽の代わり(?)に出会ったKorean美女。夕陽よりもこっちの方がいいか!?

↓ 現在30位!↓

クリックに感謝☆

[PR]
by naka-sea | 2015-06-14 18:25 | おでかけ | Comments(0)
シェムリアップ独り旅(アンコール・ワット周辺 続)
アンコール・ワット内部への潜入記録をつらつらと。ちょっとでも行った気になってもらえたら嬉しいです。
f0163860_2226263.jpg
f0163860_22291791.jpg
f0163860_2216121.jpg
f0163860_22201948.jpg
f0163860_22224054.jpg
f0163860_22413795.jpg
僧侶の彼らも普通にiPhoneを手にしているのに若干の違和感。
f0163860_22434335.jpg
f0163860_22464052.jpg
f0163860_22482884.jpg
壁のレリーフ(浮き彫り)には、神様にまつわる物語があります。よくこれだけの彫刻ができたもんよね。

↓ 現在23位!↓

クリックに感謝☆

[PR]
by naka-sea | 2015-06-12 21:30 | おでかけ | Comments(0)
シェムリアップ独り旅(アンコール・ワット周辺)
昼休憩を挟み、午後の部は3時過ぎより遺跡見学再開。いよいよ遺跡群最大級の寺院アンコール・ワットへ。
お堀の向こうに見えてくると(写真右端)、既に疲れてヘロヘロでもテンション上がるよね。
f0163860_18422070.jpg
入口の十字型テラスに続く道。足元には、戦争で受けた爆撃の痕跡があっちこっちに残っとりました。
f0163860_18482333.jpg
入口ゲートになるこの十字型テラスを通り抜けると・・・
f0163860_18524993.jpg
その向こうにアンコール・ワットが見えてきます。
f0163860_18532560.jpg
ちなみに、東西に1.5km、南北に1.3kmに及ぶ敷地の総面積は200ha。
12世紀の前半に、スールヤヴァルマン2世によって、30年以上もの歳月をかけて建造されました。
f0163860_18542347.jpg
f0163860_19874.jpg
f0163860_1935411.jpg
次回は内部編。

↓ 現在23位!↓

クリックに感謝☆

[PR]
by naka-sea | 2015-06-09 21:20 | おでかけ | Comments(0)