ニャチャンリゾートの旅(ポーナガル塔)
ポーナガル塔(Po Nagar)は、ベトナム中部に残るチャンパ王国のポーナガル遺跡群の一つで、
女神ポーナガルが祀られています。建築は8~9世紀頃と推測され、現存するチャンパ遺跡の中では最も古く、
アンコールワット等に代表される繊細なチャンパ建築を見ることができる、ニャチャンの観光スポット。
f0163860_18434968.jpg
階段を上っていくとニャチャンの街を見渡すことができます。
f0163860_18455262.jpg
f0163860_1855518.jpg
塔の中の主祠堂には、10本の手を持ったチャム族の女神ポーナガルが線香の煙の満ちる中安置されており、
現在でも、チャンパ王国の末裔と言われるチャム族の方々が参拝される場所になっています。
本来なら、博物館に展示されていてもおかしくないくらい貴重な像なんだとか。

↓ 現在27位!↓

クリックに感謝☆

[PR]
by naka-sea | 2015-05-09 20:40 | おでかけ | Comments(0)
<< ニャチャンリゾートの旅(ダム市場) ニャチャンリゾートの旅(ホンチ... >>