「ほっ」と。キャンペーン
微笑みの国へ(ワット・プラケオ)
三大寺院巡りの締めはワット・ポーに隣接しているワット・プラケオ。別名はエメラルド寺院。
ワット・プラケオは、国王の住む王宮と、国家行事を行う寺院が同じ場所に建てられた観光の目玉スポット。
実際にはラマ9世以降、国王はこちらには居住しておらず、日常的な公務も行われていないそうです。
f0163860_1805641.jpg
f0163860_17465046.jpg
f0163860_17263767.jpg
たまたま兵隊さんの交代式が行われていました。
f0163860_1734318.jpg
19世紀末にアンコールワットに感動したラマ4世によって、忠実に遺跡を再現した模型が作られたそうです。
f0163860_1730868.jpg
本堂はすごい人。ここにはタイで最も重要な仏像とされる、エメラルド仏(プラ・ケオ)が鎮座しています。
この仏像は、幅48cm、高さ66cmで想像より随分と小さく、王族により年に3回衣替えをされるそうです。
また、エメラルド仏と言われるけど、実際はヒスイで出来ています。※残念ながら本堂の中は撮影禁止
f0163860_17331745.jpg
そう言えば、自撮り棒を持った人が結構いたね。この時点で午前10時。すでに暑さと寝不足にヘロヘロ!?

↓ 現在49位!↓

クリックに感謝☆

[PR]
by naka-sea | 2015-03-12 22:05 | おでかけ | Comments(0)
<< 微笑みの国へ(ゴールド・チーク... 微笑みの国へ(ワット・ポー) >>