ピポリ アリアニコ・デル・ヴルトゥーレ(家でじっくり編)
少し前にBARで飲んだ時に、衝撃(ちょっと大袈裟か?)が走るほどのおいしさを感じたアリアニコ種。
その場の雰囲気にやられた感も否めないので、再検証のためにママさん御用達の某店で念願のゲット。
f0163860_18175976.jpg
アリアニコは、主にイタリア南部のカンパーニャ州、バジリカータ州で生産される品種。
味わいの特徴としては、酸やタンニンがエレガントでありながら、アルコールとのバランスが優れており、
非常に飲み応えのある品種で、更に南伊のコスパの良さが加わり、実力が評価されているそうです。

プーリア州で広く栽培されるネグロアマーロ種を飲んだ時に感じた甘さとボリューム感をこのワインにも感じました。
この1本は間違いなくうまい。南伊の力強い濃厚さと甘さは、間違いなく私好みでリピート間違いなし、と結論。

参)イタリアの「州」についておさらい
f0163860_845530.jpg

 1. Valle d'Aosta (ヴァッレ・ダオスタ)                     
 2. Piemonte (ピエモンテ)                      
 3. Liguria (リグーリア)                        
 4. Lombardia (ロンバルディア)                  
 5. Veneto (ヴェネト)                         
 6. Alto Adige (アルト・アディジェ)                 
 7. Trentino (トレンティーノ)                    
 8. Friuli Venezia Giulia (フリウリ・ヴェネツィア・ジュリア)  
 9. Emilia Romagna (エミリア・ロマーニャ)          
10. Toscana (トスカーナ)                      
11. Marche (マルケ)
12. Umbria (ウンブリア) 
13. Lazio (ラツィオ)
14. Abruzzo (アブルッツォ)
15. Molise (モリーゼ)
16. Campania (カンパニア)
17. Puglia (プーリア)
18. Basilicata (バジリカータ)
19. Calabria (カラブリア)
20. Sicilia (シチリア)
21. Sardegna (サルデーニャ)

↓ 現在31位!↓

クリックに感謝☆

[PR]
by Naka-sea | 2012-05-10 18:03 | ワイン(イタリア) | Comments(0)
<< 柚木慈生温泉(山口市徳地) 膝の状況について。 >>