シャトー・レ・グラヴェット
ボルドー最北にあるプルミエール・コート・ド・ブライ地区は、粘土石灰質でメルローに適した土壌だそうです。
ほわんとくる豊かな香りと、メルロー主体の優しい味わいが滑らかで何ともいい。やっぱ、「メルロー主体」!
f0163860_6212137.jpg
このワインは、前に伺った時はたくさんあったけど、次に行った時には売り切れ。評判のいい1本だそうです。
お値段は1,500円そこそこ。2002年ヴィンテージがこのくらいの価格で楽しめるのってお得よね?
ちなみに品種は、メルロー50%+カベルネソーヴィニョン30%+カベルネフラン20%。

↓ 現在59位!↓

クリックに感謝☆

[PR]
by Naka-sea | 2011-04-07 07:49 | ワイン(フランス) | Comments(0)
<< 太華山にて花見登山 強行突破!? 長崎旅行(HTB... >>