シャトー・アンジェリク・ド・モンブスケ 2001
「いいのを開けたけど飲みに来んかね?」と、マスターからのありがたいお誘いに乗っていただいたワイン。
ラベルの写真を元に調べてみると、シャトー・モンブスケと言う高級ボルドーのセカンドワイン(※)みたい。
この夜は、花粉で鼻の95%が閉塞状態やったけど、残り5%だけで充分香りと味を楽しむことができました。
f0163860_17574366.jpg
サンテミリオン地区のグラン・クリュ(最上級格付けの畑)は、これまで飲んだことなんてありません。
ちなみに品種は、メルロー60%+カベルネ・フラン30%+カベルネ・ソーヴィニヨン10%。

※セカンドワインとはセカンドラベルとも言い、フランスの5大シャトー等、大きく認められているシャトーが
 ファーストラベルとして売る品質に値しないとして販売しているワインや、最初からセカンドにするという
 認識で同じシャトーでも別の生産工程で作られるワインのこと。ただし、セカンドラベルだからと言って、
 安価で低品質ということはなく、ファーストの品質を継承した価格がややお手頃、という位置づけが正しい。
 セカンドラベルを設けているシャトーは、ファースト認定にかなり厳しい基準を設けているシャトーばかりで、
 セカンドラベルでも十分に高品質で、値段も十分に高価である。

↓ 現在60位!↓

クリックに感謝☆

3月26日(休み)今月ルネ16回目
 昼前からプールへ。スペシャルマスターズ1,800m。400m×2本はさすがにきつかった。+ダウン200m。
 ジャグジーの後、ジムへ。筋トレ30分→バイク40分で終了。ちょっとがんばり過ぎたかもね。
[PR]
by Naka-sea | 2011-03-26 19:10 | ワイン(フランス) | Comments(0)
<< 春休みの朝に 今日の一尾 >>