「ほっ」と。キャンペーン
仁田峠
小学校の時以来となる仁田峠へ。通行料が770円とちょっと高い仁田峠循環道路をぐいぐい上って行きます。
この有料道路が2009年4月以降には無料になると知ってからは、すごく高く感じてしまいます。
仁田峠は標高1,080m(結構高い)で、妙見岳野岳の鞍部にあたるそうです。

途中の展望台から、平成新山の生々しい火砕流跡、眼下には有明海を望むことができました。絶景絶景!
こんな高いところからずーーっと海まで火砕流、土石流が流れたんですね。
f0163860_13493716.jpg
春はミヤマキリシマ、秋は紅葉の名所として有名で、登山客も多いそうです。また来てみたい。
f0163860_13492374.jpg
ここから乗ることのできる妙見岳山頂行きロープウェイは、大人往復1,220円、子供660円。
大人2人+子供2人で合計3,660円。これまた高いので却下。ミヤマキリシマの時期に来れたら考えよう。
f0163860_13484998.jpg
f0163860_13533490.jpg
雲仙岳災害記念館といい、うまいこと商売しとるなぁと、曲がった視点で雲仙を見始めた運転手。
観光地ってこんなもんかもかねぇ。

↓ 現在13位!! ↓

クリックありがとうございまっす☆
[PR]
by naka-sea | 2009-01-12 15:04 | おでかけ | Comments(0)
<< 雲仙地獄 普賢岳の噴火を振り返る >>